HOME > 梅錦を知る >  酒蔵通信 > 梅錦の酒造り > 純米酒、本醸造酒、普通酒。それぞれに広がる梅錦の味わい。


サイト内検索


梅錦を知る

酒蔵通信『梅錦の酒造り』

純米酒、本醸造酒、普通酒。それぞれに広がる梅錦の味わい。

【2011.2.5】

日本酒の製造法については、大きく分けて純米酒と本醸造、そして普通酒の3つの製法がありますが、梅錦では5つの種類に分けることができます。

まず、『純米酒』は、米100%の日本酒。主にコクのあるタイプで、じっくりと日本酒ならではの旨味が味わえる酒です。

『本醸造酒』は、白米・米麹に醸造アルコールを添加したもの。華やかな香りと、輝くような色つやが特徴です。

そして、精米歩合60%以下の白米・米麹・水を原料としたものを『純米吟醸酒』。

さらに、醸造アルコールを加えたものを『本醸造吟醸酒』と呼んでいます。
これらは、華やかな香りとなめらかな口あたりを持つものが多く、日本酒の中でも、高品位酒として位置づけられています。

そして、醸造用アルコール、醸造用糖類を加えたものが、『普通酒』です。梅錦では、「栄冠」「栄照」「秀逸」などがこれにあたります。


  • 梅錦商品紹介
  • 梅錦オンラインショップ

梅錦山川株式会社会社情報

  • 会社概要
  • 社歴
20歳未満の方へのお酒販売はお断りしております。

ページ先頭へ