HOME > 梅錦を知る >  酒蔵通信 > 酒蔵レポート2008 > 酒蔵レポート2008


サイト内検索


梅錦を知る

酒蔵通信『酒蔵通信』

酒蔵レポート2008

【2008.1.1】

中祝い 2009年2月24日(火)

2月24日 中祝いと言う行事が行われました。造り酒屋には昔より、もと始め・新酒祝い・中祝い・こしき倒し・皆造(かいぞう)、と節目節目で五ッの祝い事が行われてきましたが、近年では中祝いを行う蔵は希なのではないでしょうか。立春朝搾りに於ける真剣邪気払いに見られる様に伝統と格式を重んじ変らぬ酒質を追求する社長の姿勢に酒造りの文化を次代に伝える事の大切さを感じました。
さて本題の中祝いです。
日頃の従業員の苦労に対する慰労と「あと少し最後まで頑張って良い酒を造ってくれよ」の思いから始まったものと理解しています。
当日は社長より3名の従業員に永年勤続表彰と記念品が贈呈され始まり、本年の酒の出来具合等社長の訓辞が有り、杜氏の乾杯の音頭で祝宴が始まりました。
豪華な料理に自然と酒が進み話が弾みます。
日頃は遠い存在の社長が何か良い事が有ったのか笑顔で話をされる姿を見ていると、自分達も嬉しくなって調子に乗りすぎた面が有った様に思います。
今年梅錦の蔵に初めて入り、頭(かしら)を勤めていますが、酒屋生活35年久し振りの中祝い、うまい酒・うまい肴で日頃の苦労を忘れ楽しい一時を過すことが出来ました。
明日から又頑張ります。

梅錦山川株式会社 中村 博

帳祝い 2009年1月9日(金)

今年の帳祝いの「進行役」に選ばれました。
昨年は「年男女」でお酒を注ぐ役だったような気がします。
当番役の廻りが早くなってきました。
本来なら11日に行う行事なのですが、会社が休業日ということで、9日(金)になったようです。
毎日が月曜日の蔵人の私にとっては11日でいいと思うのですが・・・・・・
ともあれ、昨年の帳簿への感謝の気持ちと新しい帳簿への願い(製造数量と売り上げの増加)をこめてお祈りしました。

梅錦山川株式会社 松井員仁

酒蔵正月編 2009年1月14日(水)

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
酒蔵の正月風景を文章で・・・何を書けば良いのか今日で三日思案にくれています。
判りやすく言えば年末年始関係なく仕事は進みます。
元旦の朝も四時一斉に起床(早い人は三時半)して、平成21年度の酒造りが始まります。
朝礼も何もなく各部所で仕込の準備が始まります。
酒蔵と言う世界は不思議な世界で一度動き出すと “あうん”の呼吸で作業が進みます。
六時が過ぎると仕込の準備も整い朝食です。
配膳されたオードブル(おせち?)の真中は立派な伊勢海老が鎮座して思わず オー と声をあげたが、配達まちがいでガッカリ。
伊勢海老はよそへ行ってしまいました。
午前中の作業が控えているので形ばかりのオトソで乾杯・お雑煮をいただいて布団の中へ。
小原庄助さんでは有りません。
朝早いので寝不足を取りもどすのです。
七時三十分を過ぎると仕込が始まります。
約三時間掛かります。
昼食を食べると又布団の中の人・外出する人、全く平日と変らぬ状況です。
夕食はいつもと違いお酒も多少入り話がはずみます。
しかし余り良い話はありません。
「わびしいナァー。せめて元日位は家族とナァー。」
想いはそのまま布団の中へ。  オ・ヤ・ス・ミ !

梅錦山川株式会社 頭: 中村 博

梅錦の初搾り 2008年11月18日(火)

梅錦に世話になって19年目になる。
今年も10月19日に蔵入りして約1ヶ月、その初絞りに間に合わせるべく作業をする。板洗い・布掛け等破れはないか、向きは合っているか、しっかり布は張れているか、フチ金の位置はどうか。この仕立ての良し悪しでうまく搾れるかいなかが決まる。気をつかうところである。
乳酸を通し、十分水を通し、配管・たれつぼセット・もろみポンプは?モノフレックスは?・・・よし!準備完了である。

11月18日当日、例年よりちょっと少ないか?でも大勢の報道人、テレビカメラに蔵の人。

注目の中午前九時、松井さんの「それではこれから初搾りを始めます」のあいさつ。コックを開ける瞬間フラッシュの泡。何回しても緊張と不安の瞬間である。 無事に式典は終了。

この日がこれからの長~い春までの第一歩の始まりである。

梅錦山川株式会社 槽場係 本多正美

もと立て祝い 2008年10月30日(木)

まだ暖かさの残る10月19日の大安が梅錦の蔵入りでした。そして本日はもと立ての祝いの日を迎えました。蔵人は早朝に近くの大西神社でお払いを受けました。そして無事にお酒造りができることをお願いしました。

蔵人のひとりが非常にありがたいと何か神聖なものを感じたのでしょう。次のような文を書いてくれました。

大西神社様

気がおさまり、有りがたく思いました。
気が晴々としておちつきました。
人と気がおちつきました。
来年も又、お参りしたいと思います。

10月30日 中井吉郎

梅錦山川株式会社 酒蔵レポート管理人


  • 梅錦商品紹介
  • 梅錦オンラインショップ

梅錦山川株式会社会社情報

  • 会社概要
  • 社歴
20歳未満の方へのお酒販売はお断りしております。

ページ先頭へ